ネット選挙で活用したい

インターネットを利用した選挙運動(ネット選挙)が解禁となり、さまざまな活用方法が期待されます。一方で、誹謗中傷やデマ情報、公式アカウントのなりすましや乗っ取りなどのリスクも懸念されています。
コミュニティパトロールでは、ネット選挙解禁に伴うリスク対策を支援いたします。

WEB上の誹謗中傷・デマ情報をモニタリング

WEB上の報告対象の投稿を洗い出し、監視オペレーターによる目視監視・分析後、定期的に報告します。

WEB上の報告対象の投稿を洗い出し、監視オペレーターによる目視監視・分析後、定期的に報告します。

非公式アカウントなど、なりすまし・乗っ取りの発見

クチコミ・レビューサイト、Facebookページ、Google+ページ、mixiページ、Twitterなどの非公式アカウントをモニタリングし、ネガティブな投稿・虚偽の内容が投稿されていないかを確認します。場合によっては削除依頼に踏み込みます。

公式アカウントをモニタリングし、予定された投稿内容以外が投稿されていないかを監視することで、アカウントが乗っ取られていないかを確認します。

非公式アカウントなど、なりすまし・乗っ取りの発見